適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

理想的な子供の昼寝の睡眠時間とは

スポンサーリンク

睡眠は人間にとってとても重要なものです。
生きていく上でなくてはならないものです。
では昼寝はどうでしょうか。
昼食後にふいに睡魔がやってくる経験はみなさん一度はあるはずです。
大人たちは仕事のために眠気を振り払っても体調に大きな支障はありませんが、子供にとっては昼寝はとても大切なのです。
成長と共に昼寝の必要性は減ってきます。
もちろん大人でも昼寝が可能であれば、疲労回復や意欲の向上へと繋がりますので5〜10分の仮眠は有効です。
新生児など赤ちゃんの時期は眠気に対して素直ですが、周囲に興味を持ち始める頃になるとそれがなかなか難しくなります。
部屋を眠りやすく整えたり安心できる環境を作ってあげることも大切と言えます。

スポンサーリンク

幼児期は特に様々な体験や刺激を五感で受けやすいと言われています。
初めて見るものやこれまでになかった体験をすることで、大人が思う以上に疲れるものです。
大人でもいつもと違ったことをしたり、慣れない場所に行くと疲れてしまいます。
子供は特に親の都合でのびのびできない場所に連れ出されることも少なからずあるわけですから、余計に大変とも言えます。
昼寝にはそんな午前中の疲れや刺激から、気力と体力を回復させる効果があるのです。
昼寝には高ぶった神経を静める効果もあり、そのおかげで夜の睡眠も朝までしっかりととれるのです。
午後2〜4時の間に1〜2時間の睡眠時間が理想的とされています。
外でたくさん遊んだあとや、昼食後などに毎日おおよその時間を決めることで、子供の生活リズムが作られていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加