適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

適切な睡眠時間がとれている人は寿命が長い

スポンサーリンク

皆さんは、睡眠時間をどのくらいとっていますか。
十分な睡眠は、健康にも美容にも欠かせません。
 適度な睡眠は、約7時間と言われています。
個人差はありますが、スッキリと目覚められて、日中の活動に支障をきたさない程度の睡眠が、これくらいの時間と言えるのではないでしょうか。
 そして、睡眠時間が短い人、または長い人は、睡眠時間が約7時間の人に比べると寿命が短いという研究の結果が発表されています。
また、動物は、全く眠らないと死んでしまうと言われています。
それほど、睡眠は、命に関わるほどの重要な時間なのです。
 ですから、できるだけ毎日7時間くらいの睡眠をとることを心がけたいものです。
しかし、どうしても十分な睡眠時間がとれないと言う方もいらっしゃるでしょう。

スポンサーリンク

 そんな方には、睡眠の質を高める努力が必要です。
質の良い睡眠を心がけて、毎日健康的に過ごしたいものですね。
それでは、具体的にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。
 まず、寝つきを良くするためには、眠る直前に、パソコンやスマートフォンを使いすぎないことが大切です。
これらの画面から発せられる光が、脳を刺激してしまい、身体は眠ろうとしていても、なかなか寝つくことができなくなります。
 また、布団に入った後は、できるだけリラックス状態でいることが良いでしょう。
そのためには、ゆったりとした音楽をかけたり、アロマの香りで気持ちを落ち着けるのもおすすめです。
 皆さんも、自分の睡眠時間や睡眠の質を、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加