適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間を長くするには

スポンサーリンク

睡眠時間が十分にとれないと、寝不足により昼間の学業や仕事に影響します。
学校や仕事があれば起きる時間は決まっています。
そのため、睡眠時間を長くするには早く寝ることが大事です。
夜遅くに食事をしたり、遅くまでテレビを見ていたり、不規則な生活をしていると終身時間が遅れます。
規則正しい生活を心がけ、毎日一定のリズムで生活していれば、決まった時間に就寝するリズムができます。
適度に体が疲れているほうが眠りにつきやすいので、毎日適度な運動することが望ましいです。
仕事や学業で体を動かす機会がなくても、自宅で簡単にできる体力づくりなどをすれば早めに眠りやすくなります。
就寝前にマッサージやストレッチをすることも有効です。

スポンサーリンク

睡眠時間を長くするためには、自分にあった枕を使うと良いです。
枕カバーなどは定期的に洗い常に清潔にしておくことも大事なことです。
十分な暖かさがあると、睡眠が促進されます。
暖かい布団を利用することが大切です。
足元が冷えれば靴下を履いたり、湯たんぽを使ったりすると良いです。
電気毛布などを利用して十分に暖かくするとぐっすりと眠るのに有効です。
眠りに入る前は悩み事などを考えないようにして、明るい内容を考えたり、楽しかったことなどを想像すると安心して眠りに入りやすくなります。
なかなか眠りに入れないときは、時計を気にすると焦りが生じるので、あまり時間を気にしないようにしてリラックスした状況をつくることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加