適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

充分な睡眠時間の定義

スポンサーリンク

昔は人は8時間の睡眠が必要と言われていましたが、現代人は睡眠時間が短くなり、社会人の平均睡眠時間は7時間以下になっています。
睡眠の目的は、疲労回復と成長ホルモンの分泌、その日に起きた事の情報処理であると言われています。
その為、睡眠時間が短くてもそれらの問題をクリアした良質な睡眠がとれていれば、問題はないと考えられています。
良質な睡眠の定義とは、睡眠を取っている事で脳と体を休息させて、成長ホルモンを分泌させる事が出来ていると言う事です。
これらの事が行われていなくては、いくら長い時間眠っていても効果はありません。
短時間睡眠の人の脳波を見ると、深い眠りに入るのが早く、深い眠りの時間が長いと言う特徴があります。

スポンサーリンク

睡眠の効率が良い為、短時間でも脳と体を休ませて疲労を回復させる事が出来ます。
長時間睡眠の場合は、深く眠っている時間は短時間睡眠と変わらず、浅い眠りの時間が長く、途中で目を覚ましてしまう事も多く見られます。
睡眠の効率が悪い為、起きてすぐの覚醒も悪く、眠気が日中も残ります。
長く眠れる時は、疲れを取る事が出来ますが、忙しくて長時間眠れない場合には、疲れを取り切る事が出来ないと言うデメリットがあります。
短時間睡眠になるか、長時間睡眠になるかは、遺伝的な要因と、今までの生活習慣で決まります。
効率良く睡眠がとれれば、長く眠る必要はない為、睡眠時間の長さを意識するよりも、睡眠の質を意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加