適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が長い子供は天才になる

スポンサーリンク

みなさんは、睡眠時間の長い子供ほど天才になる傾向が高いことをご存知ですか。
なぜなら、寝るほどに、記憶や感情に関わる脳の部位「海馬」の体積が大きいことが分かったからです。
ある研究チームが2008年からの4年間で、健康な5歳から18歳の290人の平日の睡眠時間と、海馬の体積を調べました。
それによると、睡眠が10時間以上の子どもは6時間の子どもより、海馬の体積が1割程度大きいことが判明したのです。
そもそも 「海馬」とは何でしょうか。
ここは脳の大切な組織で、入力された情報の整理(取捨選択)、および、記憶を司っているところです。
パソコンでいえば、一時的なメモリーの役割を果たしています。
海馬が正しく働かなくなると、 スポンサーリンク

わたしたちは新しいことをうまく覚えられなくなってしまうと考えられています。
よって、この海馬が大きければ大きいほどに、勉強に必要な知識がより多くインプットできるといえます。
ですから、天才になれるというわけです。
しかし、いくら長時間寝ると海馬が大きくなるからといいって、いつまでも寝ていると、体によくないです。
長時間の寝すぎは、不眠や睡眠障害、果てはうつ病などにつながる場合があります。
よって、寝過ぎには注意する必要があるのです。
それと、子供が天才になるには、朝の学習がおすすめです。
朝に勉強すると、夜の学習の6倍の効果があるとも言われています。

自分の子供に頭がよく育ってほしいという人は参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加