適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の長さで天職が分かる

スポンサーリンク

みなさんは、普段どのくらいの睡眠をとっていますか。
実は、睡眠時間の長さで、人間の性格や仕事の適性まで分かるのです。
なぜなら、睡眠の長さを決めるのは、精神的なストレスによる脳の疲労度であるからです。
ですから、ストレスを感じやすい人は、脳が疲労を回復するのに時間がかかってしまうため、長時間の睡眠をとる傾向にあります。
一方、ストレスに強い人は、脳が疲労回復にそれほど時間がかからないので、短時間の睡眠でも大丈夫です。
このように睡眠の時間が長い人を「ロングスリーパー」、短い人をを「ショートスリーパー」と呼びます。
まず「ショートスリーパー」の性格は、明るくて楽天的な人が多いです。
そして、自分を肯定する気持ちが強く、相当な自信家であります。
 スポンサーリンク

失敗しても軽く受け流すことができて、悩みごとがあっても深く考えません。
社交的で人と話す事が大好きなので、実業化や営業が転職といえます。
実際に、第一線で活躍している企業のトップには、ショートスリーパーが多いです。
一方、「ロングスリーパー」の性格は、消極的な人が多いです。
何についても疑問視する気持ちが強くて、心配ごとがあると、そのことにかかりきりになり、時には押しつぶされてしまうこともあります。
このようなロングスリーパーは、大学の研究職や文章を書く仕事が天職とされています。
自分の考えをとことん追求するタイプですので、人と違う意見が求められる職業が適性です。

自分がどちらに当てはまるか考えてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加