適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の都道府県ランキング

スポンサーリンク

日本で一番睡眠時間が長い県はどこなのか、逆に一番短い県はどこなのか、興味深いテーマであるにも関わらず一般的にはあまり知られていません。
今回は、睡眠時間の都道府県ランキングについて、ご紹介します。
まずは、全国平均を見てみます。
全国平均の睡眠時間は、462分(7時間42分)になります。
思ったよりも寝ているという印象を持ったのではないでしょうか。
では、これを基準としてランキングを見ていくと、一番睡眠時間が長いのは、秋田県で485分、以下、山形県485分、青森県482分、岩手県480分、宮城県475分となっています。
上位全てが東北地方ということで、東北地方の人々は平均して長い睡眠を取っていると言えそうです。

スポンサーリンク

逆に、睡眠時間が短い県を見て行きましょう。
1位は神奈川県で451分(7時間31分)、続いて千葉県453分(7時間33分)、奈良県456分(7時間36分)、東京都456分(7時間36分)、埼玉県457分(7時間37分)となっています。
奈良県を除いて、全てが関東地方ということから、関東地方の人々は平均して短い睡眠であると言えそうです。
更に、地方階級別統計を見てみるとは、大都市の平均が457分(7時間37分)、中都市の平均が461分(7時間41分)、小都市の平均が463分(7時間43分)、その他の町村の平均が469分(7時間49分)となっており、都市の規模に比例して睡眠時間が短くなっていることがわかります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加