適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

東大生と睡眠時間に関すること

スポンサーリンク

東大生になるためにはかなり多くの勉強時間が必要といわれています。
それは当然のことといえます。
何故かというと東京大学というのは日本で一番入学するのが難しい大学だから、競争率もかなり高いのは当たり前なのです。
受験生の中には1日の睡眠時間を4時間とか4時間半くらいにして、残りの時間を受験勉強に充てるということをしている人々がかなり多い割合でいらっしゃいます。
1日6時間以上睡眠をとってしっかりと第一志望の東京大学に合格出来ている人もいらっしゃるのが事実です。
勉強する時間とその他の時間をしっかりと分けて考えることによっていわゆるメリハリをつけることができます。
睡眠時間の記録をしっかりと記録するというのもよいといえます。

スポンサーリンク

多くの東大生に対するアンケート調査結果から明らかになっているのですが、前日の睡眠時間が比較的長かった場合でも夜勉強をしていて「眠くなったら寝る」と回答しています。
それは理にかなった行動ということであると多くの医師も仰っています。
何故かというと眠い状態を引きずったまま勉強していくと、脳に勉強したことが全く定着しないということがよくあるからです。
それだけではなくストレスにもなる可能性がかなり高いので、眠い時は寝た方が良いということが出来ます。
睡眠に関する他のことでは、朝早めに起きて勉強するクセを付けておくとかなり良いです。
朝が一番効率良く勉強できることは、医学的な見地からも良いと評価されているのでお勧めです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加