適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

平均的な睡眠時間の統計から見た寿命

スポンサーリンク

睡眠時間について統計をとり、一人一人の平均的な睡眠時間を算出したものと、寿命とを照らし合わせた場合の結果によると、1日の睡眠時間が短い人よりも、長い人の方が寿命は長い傾向が見られています。
これは、単なる偶然ではなく、医学的な根拠があります。
まず、寿命の長さは、心拍数と深い関係があります。
一般的に、人の心臓が一生の間に打つ心拍数というものは決まっていて、寝ている間と起きている間では、心拍を打つ数や速さというのも変わると言われています。
起きている間は速く、たくさんの心拍数を打ちますが、一方、寝ている時には覚醒時よりもゆっくりで、数も少なくなります。
つまり、起きている時間が長い人の場合は、心臓がたくさん鼓動を打つようになります。

スポンサーリンク

逆に、たくさん睡眠を必要としている人は、心拍数も少なくなるので、そういった点で、睡眠時間をたくさんとっている人ととっていない人との間では、寿命の長さに差がでているのです。
適度な睡眠時間を確保することは、体の免疫力や体力を養ったり、疲労回復を助けるだけではなく、寿命にも深い関係があるので、無下にはできません。
そのため、自分自身はできる限り、長生きをしたいと考えている人は、しっかりと休めるときに睡眠時間を確保して、体調管理をしっかりと行うように心がける必要があります。
良質の睡眠をとるためには、寝る前の過度なダンスを差し控えたり、お酒もほどほどにするなどの工夫が必要になります。
日頃からの心がけが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加