適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

統合失調症と睡眠時間について

スポンサーリンク

統合失調症は、日本人のおよそ100人に1人が罹患するといわれている代表的な精神疾患のひとつであり、精神疾患の中では難治性のもののひとつとされています。
この疾患はかつては不治の病とされており、世間からの偏見も激しく、さらには精神医学界からも見放されていた疾患でしたが、近年は優れた新薬が次々に開発されるようになってきており、統合失調症の患者の多くは以前と同じような生活を送ることが可能になっています。
統合失調症の原因としては、現在のところ詳しいことは解明されていないものの、脳内のドーパミンと何らかの関係があるということが指摘されています。
そのため、精神医学界では、この疾患の原因の早期解明に期待が高まっています。

スポンサーリンク

統合失調症の症状としては多種多様なものが報告されており、一般的には陽性症状と陰性症状に分かれています。
陽性症状は急性期に現れる特有の症状として知られ、現実とはかけ離れた妄想や幻聴、幻覚といった周りの人からは理解しがたいような症状が現れます。
また、陰性症状は現実感がないといった感覚に襲われたり、何もやる気が起きずふさぎ込んでしまうといった状態になるといわれています。
治療方法としては薬物療法が中心となり、主としてメジャートランキライザーと呼ばれる非定形抗精神病薬が処方されることが多いといわれています。
また、統合失調症の患者には睡眠時間をしっかりと整えるため、睡眠導入剤が処方されることも多くあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

統合失調症と睡眠時間について関連ページ

逆流性食道炎と睡眠時間について