適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が長いと頭痛になる理由

スポンサーリンク

休みの日などにたくさん寝過ぎてしまった朝などに、だるい感じがしたり頭がボーっとしたり頭痛が起きてしまうことはないでしょうか。
睡眠時間が必要以上に長いと、寝ている間は身体をずっと動かさないでいるので血液循環が悪くなってしまいます。
そのため血行を良くしようと、血管が拡張され感覚神経を刺激することから頭痛が起きてしまうと言われております。
疲れているので睡眠を長くとって身体を休めるというのは、よいことなのですが基本的に寝溜めをすることはできません。
朝起きたら日光を浴びてストレッチなどして身体を目覚めさせて体内時計が正常に働けるようにしてあげてください。
身体が正常に機能していれば夜は自然と眠くなるでしょう。

スポンサーリンク

睡眠時間が長過ぎると逆に脱力感などで不調になってしまう可能性があります。
そうなってしまうと一日がもったいないですので、質のよい睡眠がとれるように下方がよいです。
寝る時間が長ければよいというわけではなく、短くても熟睡することが大切です。
睡眠にはサイクルがあり、眠りに入るとまず脳を休息させるノンレム睡眠に入り、その後身体を休めるレム睡眠に入ると言われております。
これらのサイクルは3時間おきに繰り返されており、目覚めるタイミンは深い眠りに入っているノンレム睡眠の時間帯よりも、眠りの浅いレム睡眠の時間帯の方がよいでしょう。
サイクルが3時間おきなので、質のよい睡眠をとるために睡眠時間を6時間か、9時間程度にしてみることを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加