適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が短いとき朝二度寝すると熟睡してしまいます

スポンサーリンク

睡眠時間が何時間で満足できるかは個人差があります。
4時間でOKという人もいれば10時間必要という場合もあります。
6時間から8時間くらいが平均でしょうか。
また、仕事に出ていく日は8時間睡眠が必要という人が6時間しか寝ないで仕事に行くと、朝から頭がすっきりさえてない感じがしますし、日中眠たくなりますし、1日中疲れを感じます。
睡眠時間が短いと疲れが取れ切らない気がするのはあまり気分がいいものではないのです。
こうした睡眠不足の時間は週末にでも余分に寝ると解消できますが、余分に寝貯めをすることはできません。
寝不足が続くと短時間の睡眠でも内容の濃い良い睡眠をとって疲れを取るよう深い眠りを体が要求するようです。

スポンサーリンク

眠りは何時間寝たとしても波があります。
深い眠りのときと浅い眠りがあります。
寝始めてすぐに深い眠りになれば熟睡できるのですが、気がかりなことを考えながら眠ると浅い眠りとなり安眠できていない状態になります。
そうなると、深い眠りにはいるのが遅くなり、目覚めるべき朝に深い眠りとなり目覚めが悪くなります。
この深い眠りの時に目覚まし時計の音を聞きますと、寝不足感が残り、起きにくいのです。
こういうとき二度寝をするとぐっと深い眠ってしまい1時間、へたすると2時間くらい眠ってしまい、遅刻するという失態を起こします。
深い眠りの出来る人は熟睡できているので起きるべき朝方にだんだん眠りが浅くなり、目覚まし時計がなると気持ちよく起きられるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加