適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

年代別日本人の平均睡眠時間

スポンサーリンク

皆さんは毎日何時間くらいの睡眠をとっているでしょうか。
日々を健やかに過ごすためには良質な睡眠と言うのは欠かせない物です。
ライフスタイルによってなかなか睡眠時間を確保できなかったり、質の高い睡眠を得られなかったりすることが現代人には多いかと思います。
日本人は世界的な平均から見ても睡眠時間が短い民族と言えます。
必要と考えられている年代別の睡眠時間は、10代の若者で8時間から10時間、成人、高齢者は7時間から9時間であると言われています。
このような平均値はありますが、睡眠において大切なのは長さよりも質であると言えます。
目覚めたときにだるさを感じない、午後2時前後を除いて強い眠気を感じない、1日を元気で過ごすことができれば、それがあなたの適切な睡眠時間であると言えます。

スポンサーリンク

人にとって睡眠というのは脳と身体を休め疲れをとり、それらの機能を回復させるためのものです。
睡眠をうまくとることができなくなると、集中力が低下することによってミスが増えたり、事故につながってしまうこともあります。
また、感情抑制機能にも障害が出ることがあり自身の気持ちのコントロールができなくなってしまい、イライラが続いたりすることもあります。
さらには免疫機能や代謝機能の異常から血圧上昇や肥満等の症状がでてくることもあります。
良質な睡眠をとるために、寝る前にパソコンやスマートホン等の画面を見ないようにすること、ベッドに入る前にリラックスできるような香りをかいだり、照明を工夫してみる、食事は寝る2時間前、入浴は寝る1時間前に済ませるなど、できることから試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加