適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

乳児や幼児に必要な睡眠時間

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどを寝て過ごします。
しかし、数カ月経つと段々とリズムができてきて、起きている時が長くなります。
乳児期で最も大事なのは、生活のリズム作りです。
毎日同じようなリズムで生活することによって、徐々に体内時計の働きを育てることができます。
体内時計の働きは非常に重要であり、上手くいかないと日中に眠くなったり逆に夜間に目が冴えてしまったりします。
体内時計の働きを育てるには、昼間に日の光を浴びることが大切です。
また、しっかり体を動かして交感神経を刺激しておくと、夜自然に眠くなります。
リズムが整い始めた頃の乳児や幼児には、かなり長い睡眠時間が必要です。
一般的には12時間から14時間が理想だと言われています。

スポンサーリンク

乳幼児のお子さんは、日中昼寝をします。
昼寝をしないと、夕方のうちに眠くなったりして、生活のリズムが崩れてしまうこともしばしばです。
なかには、夜間早めに寝れば昼寝を必要としないお子さんもいますが、必要な睡眠時間には個人差がありますので、昼寝が必要なお子さんはきちんと時間を決めて昼寝をした方がリズムが整いやすくなります。
昼寝の理想的な環境としては、夜寝る時のように暗く静かにするよりも、人が活動している部屋で雑音があったり明るい状態で昼寝をした方が夜間との区別がつきやすくなります。
これは、体内時計の成長にも関わる部分ですが、どのような環境でも同じように眠れるタイプのお子さんもいますので、お子さんの状態をチェックしながら対応しても問題ありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加