適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

妊娠希望の方が取るべき睡眠時間

スポンサーリンク

妊娠希望の方は、食生活や適度な運動など様々なことに気を付ける必要がありますが、そのうちの一つに睡眠時間があります。
睡眠とは一日の疲れを取ったり、ストレスを軽減するだけではなく、ホルモンを分泌する働きがあります。
これは妊娠する機能を維持するために必要なホルモンでもあることから、妊娠を希望する方にとって十分な睡眠時間を取ることが大切なのです。
  しかし、生活の不規則な方が多いのが現状です。
寝る時間がバラバラになることで、睡眠時間が多かったり少なかったりしてしまいます。
睡眠不足になると、自律神経やホルモンのバランスが崩れてしまうのです。
妊娠のため、健康維持のためにはこのような睡眠のリズムを整えることが必要です。

スポンサーリンク

 では、一日にどのくらいの睡眠時間を取れば良いのでしょうか。
一般的には、7時間が理想だと言われています。
また、何時に寝るかも大切になります。
それは、ホルモンの分泌が午前0時から午後2時の間にピークになるからです。
遅くても12時までには寝るようにしたいものです。
さらには、朝は決まった時間に起きるようにすると睡眠のリズムが整ってきます。
 このように十分な睡眠時間を取るのと同時に、それが質の高い睡眠であることも重要です。
日々規則正しい生活を送り、睡眠によってきちんとホルモンの分泌が行われることが妊娠へ近づく一歩となると言えます。
妊娠を希望されている方は、是非一度睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加