適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間10時間で脳細胞が弱体化してしまう

スポンサーリンク

仕事や家事で毎日忙しく疲れが溜まってばかりいるとついつい休日などに眠り過ぎてしまう事もありますが、この睡眠もあまり長く取り過ぎると健康に対して悪影響を及ぼすことになるので十分に注意が必要です。
特に睡眠時間が10時間を超えるようになると脳細胞が安まっているのになお、睡眠を取ってしまう事になるので脳細胞が完全に不活性化してしまい判断力や記憶力が著しく低下してしまいます。
逆に睡眠時間が短すぎてもよくないのですが、しっかりと健康を維持する程度の睡眠は平均的に6時間程度なので眠りすぎないように注意する事も重要です。
確実に睡眠を取るためには寝る場所や環境もとても大切なので普段から注意しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

 基本的に適度に睡眠を取っていればそれほど疲労が蓄積する事は無く、肉体の疲労感は主に体内に蓄積した活性酸素などの疲労物質が原因になっているためいくら寝ても改善される事はありません。
あくまで精神的なストレスが少し緩和される程度なので、身体のだるさは食事などを通して改善していく必要があり、睡眠では脳を休める程度に抑えておくことが重要です。
出来る限り短くて質の良い眠りを選ぶことでより有意義な毎日を送ることができるようになるでしょう。
時には思いっきり眠る事もよいですが、あまりに眠り過ぎてしまうと余計にだるさが残ってしまって次の日の体調にも影響してしまうので十分に注意し、最適な睡眠時間を守るようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時間10時間で脳細胞が弱体化してしまう関連ページ

情報を脳に記憶させるには睡眠時間が大切です