適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が10時間以上の場合

スポンサーリンク

人が生活する上で、どうしても必要とされる睡眠ですが、必ずしも多く取った方が良いとは限りません。
人には適した睡眠時間というものがあり、10時間以上の場合は、体質上長い睡眠が必要な人のみ必要な場合があります。
それ以外では適した睡眠時間はだいたい6時間から8時間程度となっています。
眠りが全体的に浅い場合は、原因を突き止め、場合によっては医師に相談した方が良いこともあります。
食事改善、睡眠を取る時間の調整などで改善されることがありますし、睡眠薬を利用して生活リズムを整えるといったことも可能な場合があります。
夜更かしは避けた方が良く、働いている人は休日の際にあまり睡眠を摂り過ぎないように気を付けて行動した方が良いです。

スポンサーリンク

寝起きが悪いといった場合、その原因は睡眠不足であるとは限りません。
例え10時間以上寝たとしても、眠たい場合はあります。
定期的に寝起きが悪いといった場合には、睡眠時間を90分の倍数にしてみると効果が出やすいです。
しっかりと睡眠を取る場合なら6時間か、7時間30分程度寝る時間を作ると寝起きが良くなる可能性が高いです。
眠っているあいだは周期的に、眠りが浅い時間帯が来ます。
その周期は90分単位となっています。
適した睡眠時間には違いがあるといったケースがありますが、90分の周期には個人差がほとんどないので、計算して眠りに付くと目覚めが良い傾向にあるのです。
これは仮眠を取る際にも使える方法となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加