適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が長いと疲れる理由

スポンサーリンク

身体が疲れている時にたくさん寝だめしようと思い長時間寝すぎてしまった時に、逆に疲れを感じたり、すっきりしないし頭痛がするなどといった経験はないでしょうか。
眠っている間は、身体を動かさないので血の巡りが悪くなります。
目覚めた時に血行が悪くなった身体の巡りをよくしようと、血管が拡張すると言われてております。
血管が拡張することで、感覚神経を刺激してしまうことが偏頭痛の原因になると考えられております。
睡眠時間が長いことが健康によいことだとは一概には言えないのです。
日本人は世界的にみても、平均睡眠時間が非常に身近いという統計が出ておりますが、短か過ぎても長過ぎても問題で睡眠の質が問われてくるかもしれません。

スポンサーリンク

朝方、夜型という方がいらっしゃると思います。
一般的に夜眠りに入る頃には体温が下がっていき、朝目覚めると体温が上昇すると言われております。
しかし、夜型の方は逆に夜になると体温が上昇し、日中は元気がない場合があるようです。
できれば朝から活発に活動できるように体内時計を正常に整えていくことが望ましいでしょう。
もしも夜なかなか眠れない、睡眠障害だなどとお悩みの方はライフスタイルを見直してみましょう。
夜寝る前に飲食はしていないでしょうか。
アルコール分や珈琲、チョコレートなどは眠気を抑制してしまうのでよくありません。
また寝る直前に飲食をすると内蔵を活発化させてしまうので控えた方がよいでしょう。
お風呂にはいって身体を温めて、布団に入ってから体温が少しずつ下がっていくのを感じながら眠るのが効果的かもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加