適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と肥満の関係

スポンサーリンク

一般的には、一日に7時間から8時間の睡眠を取ることが理想とされています。
必要な睡眠時間には多少の個人差はありますが、極端に少ないと色々な問題が出てくる可能性があります。
意外と知られていないのが、睡眠と肥満との関係です。
睡眠時間が短くなると、せっかくダイエットをしていてもやせにくくなります。
長時間起きていると夜食を食べてしまったりすることも原因の一端を担っていますが、肥満の原因となることはそれだけではありません。
睡眠時間の変化によって変動するホルモンの働きによる影響が大きいのです。
睡眠不足によって分泌されるホルモンにはインシュリンの分泌を促す働きがあり、体内に脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

太りにくい体を手に入れるためには、まず自分が一日にどれ位の睡眠を必要としているのかを考えます。
そして、最低限確保したい睡眠時間を設定し、毎日なるべくそれをクリアするようにします。
十分な睡眠が取れていると、食欲を刺激するホルモンが減少します。
ダイエットをしている人は食欲を抑えるのにも一苦労ですので、自然と食べたいという気持ちが抑制されるのは非常に喜ばしいことです。
また、逆に食欲を抑制するホルモンが多く分泌されるようになりますので、ダイエットを楽に行えます。
このように睡眠と肥満には深い関わりがあり、少し工夫するだけで効率良くダイエットを行うことができます。
寝る時間を増やすだけで痩せることができるのですから、ダイエット中の人は積極的に取り入れたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加