適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

年齢別に1日の必要最低睡眠時間に違いがあります

スポンサーリンク

人は寝ている間に様々な事を行っていて、情報を得た内容を脳が整理することも、傷ついた細胞が修復されたり、成長ホルモンが分泌されるのも寝ている間です。
しかも、成長ホルモンなどは眠り始めてから3時間程度で分泌が増え始めると言われていて、研究の結果では10時から2時までが最も多いと主張する先生もいらっしゃいます。
いずれにしても睡眠が人にとって無くてはならないものであることは確かなのです。
特に子どもの時期は睡眠が不足すると成長の妨げになり、大人になってから免疫力が低く風邪をひきやすくなったり、骨が脆いなどといった弊害が出てくるようになるので、大人がきちんと管理して夜更かしさせないように注意する必要があります。

スポンサーリンク

睡眠時間が1日にどれだけ必要となるかは年齢別に違いがあり、必要最低の睡眠時間を守れば健康に悪影響が出ない目安として利用する事が出来ます。
新生児の赤ちゃんが一番長く10時間から18時間は必要とされていて、1歳から3歳は14時間程度、小学生の間は11時間ほどで大人になりますと7から8時間程度となります。
しかしこれらは、一般的な生活をしている人の目安で、重労働をしている人など環境が違ってくれば必要最低時間も違ってきますので、詳しく知りたい方は専門医で聞いてみるのが一番良い方法です。
睡眠時間を十分にとっていてもレム睡眠やノンレム睡眠の周期が乱れている人は疲れが十分に取れないので、夜の睡眠にプラスして仮眠を取る時間を持つのも良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加