適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が12時間や13時間になる時とは

スポンサーリンク

基本的に人間の睡眠時間は6時間から8時間と言われており、3時間などのあまりにも短時間の睡眠時間の日々が長く続いていたりすると、健康そのものに悪影響を及ぼしやすく、脳の働きなどが鈍くなったりするなどの支障をきたす場合があります。
これは、12時間や13時間という長時間の睡眠を取り続けている場合にも同じような事が起こると言われており、「過眠」として扱われます。
この過眠には、異常な過眠と正常な過眠とがあり、普段運動などをしていないのに、1日だけとてつもない体力の消耗をするような運動をしたりした場合に、その翌日12時間から13時間前後眠ってしまったというパターンは、異常な過眠のうちには入らないものです。

スポンサーリンク

逆に、毎日のように睡眠時間が12時間から13時間の状態になっており、頭が重く感じたり、ぼんやりしたりするといった具合の悪さが出るようであれば、不健康な過眠です。
睡眠時間は必ずしも平均でなければならないという決まりはありませんので、平均的な物前後ぐらいの睡眠時間である場合には、特に問題はありませんが、何をしても起きれないという場合や、約束していた日を守れない程眠ってしまい、起きる事が不可能な状態などとなると、日常生活に支障をきたしているレベルです。
睡眠時間が長すぎる日が続きすぎて、規則正しい生活を送る事ができないという状態である場合には、不眠症などを疑い、入眠時にはどれぐらいの時間がかかるのか、何時に眠っているのかなどを統計し、必要であれば専門医のところでの診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加