適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が不規則になることでの不安定な影響

スポンサーリンク

睡眠時間は出来る限り一定の時間帯に一定時間の間隔で取る方が良いとされています。
そうした定義が挙げられる理由にはいくつかの点があるとされています。
その中で主な理由として、睡眠が持つ役割に由来する理由が挙げられます。
本来睡眠には脳と肉体の疲労を回復させ、細胞の新陳代謝を充分に行う、という目的があります。
一定の睡眠時間であれば、その習慣性によって滞り無い新陳代謝の働きが行われやすくなるとされています。
対して不規則な睡眠時間になると、もともとの時間帯で行おうとしていた体の働きが崩れ、充分な回復が行われづらくなります。
すると日常生活にも影響が及び、不安定な動作になりやすいとされています。
そうした現象には、体内での仕組みやホルモンの働きが関係していると言われています。

スポンサーリンク

もともと人間の体では、レム睡眠と呼ばれる肉体と心理の休息を行うタイプの睡眠が午前3時から6時までの間で行う様な設計で固定されていると言われています。
一方で、脳の休息を行うノンレム睡眠は、寝入り時間に関わらず寝入り3時間までの間で行おうとする傾向があります。
そのため寝入りが午前0時を越えるようになると、レム睡眠への仕組みとノンレム睡眠に入ろうとする働きが重なるため、効果的な睡眠が取りづらくなるとされます。
また、体内での疲労回復や新陳代謝では、その働きを手助けする成長ホルモンの活躍が欠かせないとされています。
そうした成長ホルモンはノンレム睡眠と似た、寝入り3時間の間に多く分泌されます。
不規則な睡眠時間だとその不安定さからのストレスなどで、こうしたホルモン分泌にも影響が及びやすいとされており、注意が必要と言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加