適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が不足すると出現する症状

スポンサーリンク

皆さんは一日にどの位の睡眠時間をとっていますか。
人の睡眠時間は個人差はありますが、平均6時間から8時間と言われていますが、仕事が忙しかったり、趣味に時間を費やしたり、はたまた育児に追われたりと中々まとまった睡眠時間を摂れていない方も多いのではないでしょうか。
また、ストレス等が原因で中々寝付けずに睡眠時間が少ない方もおられると思います。
睡眠は昔から「時間」では無く「質」とも言われており、長時間寝たからと言って必ずしも体にいいとは限りません。
人にとって睡眠中は特別なホルモンが分泌されて、疲れをとったり、体のメンテナンスを行う時間なのです。
特に22時から2時までの4時間がゴールデンタイムで、この時間に2時間以上の睡眠がとれている事が望ましいとされています。

スポンサーリンク

では、睡眠時間が不足するとどういった症状が出現するのでしょうか。
まず、睡眠時間が不足すると、脳の疲れが改善されず、単純明快な事からいえば「眠気」が襲ってきます。
眠気が強ければ強いほど、集中力や注意力は散漫になり、同時に記憶力なども低下します。
次に肝臓等の細胞修復が行えない為、疲れが蓄積した状態となり一日けだるい状態が続き、肌荒れ等の原因にもなります。
そして、自律神経系へのダメージもあり、睡眠や食事のバランスが崩れたり、人によってはサイクルが変化してしまう為、便秘などの症状も出現する人もいます。
また、昼夜逆転によりストレスへの影響もあり、ストレスが蓄積して鬱病などの発症の原因にもなりえます。
しっかりとした睡眠サイクルを確保する事が体にも心にも良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加