適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と不眠症の関係

スポンサーリンク

睡眠時間と不眠症には密接な関係が有ると考えられます。
不眠症になる原因は人によって原因が異なりますがストレスも関係が有ります。
又、心配事や悩み事などが有るとなかなか寝付けない場合が多いものです。
何か大事な商談や試験などが控えているとその事ばかりを意識してしまって脳が休みにくい状態になっています。
その様な時は目をつぶって部屋を真っ暗にするだけでもだんだんとリラックス状態になってくるので自然と眠れる場合が有ります。
睡眠時間は大体7時間位が良いとされています。
しかし、余り寝なくても体質的に大丈夫な人も中にはいます。
睡眠は時間がただ長ければ良いと言うだけでは無く、いかに快適に眠れるかどうかの質の問題になってきます。

スポンサーリンク

不眠症から逃れるために寝る前にお酒を飲む人もいますが、寝る為だけにアルコールを使う方法は余りお勧めは出来ません。
その理由はアルコールの効果と言うのは一時的なもので酔いから覚めてしまえば再び起きてしまいます。
お酒に強くない人がこの方法を使うと2日酔いになる可能性も有ります。
又、寝る前は空腹の状態に近い場合が多く、お腹が空に近い状態でのアルコール摂取は刺激が強過ぎます。
リラックスした状態で睡眠が出来るのが理想的で、眠る1時間位前に湯船にでもゆっくり浸かって手足の先まで全身がポカポカな状態になっていると心地良い眠りが出来る状況を作りやすくなります。
ゆったりとした音楽を流してみたりするのも効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加