適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

普通にとる睡眠時間の平均

スポンサーリンク

人間は睡眠をとらないと体がおかしくなってきます。
そんな中でいったいどれくらいの睡眠時間をとればいいのか。
普通は何時間くらいなのか。
答えなのかわかりませんが、最低でも6時間は寝ないとダメなようです。
ある実験によると最高で4日間寝ないでいられた人もいるそうですが、やはり日常生活には支障をきたし、作業効率は落ち、実験終了後は20時間ほど眠って、起きてご飯を食べてはまた8時間ほど寝たということで平均するとやはり6時間からは寝ていることになるのではないでしょうか。
このようなことからも人によって差はあると考えられます。
普通のひとでも2日間は頑張れても3日目には耐えられなくなってしまいます。
それが限界だと感がられます。

スポンサーリンク

日本人の平均睡眠時間は7時間30分ほどです。
よく眠れたと感じるのは6時間から7時間寝ている人で5時間から6時間寝た人が一番眠たいと感じるようです。
ノンレム睡眠というものがあって深いものと浅いものがありますが、深いノンレム睡眠の時間が長いと熟睡感が強くなって良く寝たと感じます。
普通8時間眠るのがいいものだと言われていたりしますが、それは人それぞれで結局は眠る時間よりもどれだけ深く眠れるかで熟睡感は得られるので人それぞれ、深い眠りを招けるような工夫をすることが必要です。
眠れない人は睡眠薬を使っても問題ないようです。
最近は副作用の少ないものも多いようですし、自分の睡眠をコントロールする手段の一つとしてうまく使って疲れのない気持ち良い毎日を迎える準備とするべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加