適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間をしっかり取ることは、便秘解消に繋がります。

スポンサーリンク

便秘解消の為に食生活を見直したり、運動をする人がいます。
もちろん大切な事ですが、睡眠をしっかり取る事が便秘解消に繋がるとも言われています。
人間の体は交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで、健康な状態を維持出来ています。
便が作られるのは副交感神経が働いている時で、夜の寝ている間だと言われています。
睡眠時間が短いと便を作る時間も少なくなるので、結果的に便秘になります。
睡眠不足になると体のリズムが崩れて自律神経が不安定になり、消化不良を起こしやすく便秘の原因にも繋がります。
質のいい睡眠を取ることが大切です。
お風呂や過度の飲酒、大きな音は脳を刺激してしまい興奮状態になるので避けて、寝る前には刺激の少ない生活を心掛けてしっかりと睡眠を取ることが大切です。

スポンサーリンク

一般的には睡眠時間は7時間から8時間が理想だと言われていますが、必要な睡眠時間は人それぞれ違うそうです。
睡眠時間が短いと集中力が欠けたり、判断能力が鈍ることもあります。
また新陳代謝も悪くなるので、肌が荒れたり目の下にクマが出来る事もあります。
感情が不安定になりイライラの原因にもなり、免疫が低下する事で病気になる可能性もあります。
そうならない為にも、自分に必要な睡眠時間をたっぷりと確保し体と心を休めることが必要です。
バランスの良い食事に適度な運動、そして十分な睡眠を取る事で便秘からも解放されます。
出来るだけ眠る時間と起きる時間を毎日一緒にし、同じ時間に朝食を取る事も大切です。
そうする事でお通じのリズムが出来上がるので、便秘が解消されやすくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加