適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

夜型と睡眠時間の関係

スポンサーリンク

夜型と睡眠時間の関係のお話ですが、大抵夜型の方は昼型の方に比べて睡眠時間は少ない傾向にあります。
これは夜型の方はどうしても遅く寝るので睡眠時間が削られてしまいますし、また熟睡感があまりなかったりする為に、どうしても慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。
しかしながら特に生活に支障がない場合には、特に改まって夜型を昼型に変えて行く必要はないでしょう。
長年培ってきたライフスタイルですしご自分に合った方法なのでしょうから、むしろ改めてストレスを感じたり、慣れるまでに大変な思いをする方が身体に良くないでしょう。
けれども夜型のデメリットは一つだけあります。
それは成長ホルモンの問題です。
成長ホルモンは若返りホルモンとも言われています。

スポンサーリンク

このホルモンは夜の10時から深夜2時位の間に出ると言われています。
個人差があるものの、この時間帯に睡眠中でないと、成長ホルモンの恩恵を受けられない事になってしまいます。
個人差もありますが、どうしてもこの時間帯を外して睡眠を取っている方は、老化が早まったり老けて見られたりしてしまいます。
この問題さえ解決できればライフスタイルに合わせて、いつお休みになっても良いように感じます。
後は遅い時間に寝ると。
どうしても陽の光を浴びないと言う傾向がありますので、体内時計が修正されにくいと言うことが多くなります。
これも遅い時間にならないと眠れないが定着してしまう要因でもあります。
ですのでたまに早起きして、陽の光を浴びるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加