適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間は人それぞれ、質の良い眠りを得る方法

スポンサーリンク

睡眠時間は人によってそれぞれですが、ベストな時間は7時間と言われています。
7時間睡眠が、長生きするという時間となっています。
そして、糖尿病予防にもなると言われていて、注目されています。
睡眠時間7時間というのは、トータルで7時間という意味なので、夜寝られなかったという人は、昼寝を合わせて7時間になれば良いと言われています。
寝る子は育つという言葉がありますが、2000年くらいからベストな時間とされているそうです。
睡眠は質の良い眠りと悪い眠りがあります。
いくら7時間という時間を意識しても、質が悪ければ意味がありません。
質の良い睡眠を得るには、寝る前に、ヨガなどの軽い運動をするのが良いと言われています。

スポンサーリンク

質のよい眠りを得るためには、寝る前にすることが深く関わっています。
寝酒は良いと言われていますが、実は最近になって良くないというふうに言われています。
睡眠の質を落としてしまったり、興奮して眠れなくなってしまったり、利尿作用が効いて何度もトイレに起きたりしてなかなか眠れなくなってしまうと言われています。
眠る前にパソコンをすることも眠りの質が良くないと言われています。
神経を高ぶらせてしまうので、2時間前までにしておくと良いといいます。
眠る前のホットミルクもよいと言われていますが、もっと最適なドリンクがあります。
それは温かい「カモミールティー」と「ココア」です。
どちらも気をしずめる効果があり、最適なドリンクです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加