適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

加齢による睡眠時間の最適年齢

スポンサーリンク

睡眠時間は、成長するにつれて短くなります。
乳幼児は一日14時間以上眠り、年齢が20から50歳では約7時間、60歳以上では6時間くらいの睡眠が最適です。
高齢者は、若者のようにエネルギーを消費しないため必要な睡眠量は減少をし、睡眠の質も変化して睡眠全体が浅くなり覚醒しやすくなります。
そのため、布団に入っていた時間中、実際に眠っていた時間の比率に関する睡眠効果は、20歳までの若者を100%とした場合、80歳代では70から80%まで低下します。
これは高齢者が、夜早めに就寝する傾向があり、ふとんのなかで過ごす時間が長く、結果として不眠を自覚することが多くなり、睡眠の必要性が減少し、ノンレム睡眠の時間が短くなるからです。

スポンサーリンク

快眠を得るためには、脳の温度をうまく下げることです。
年齢と共に睡眠の質や量は変化しますが、日中活動を充実させ、ふとんに入る前にうまくリラックスできれば自然な眠りに移行します。
そのためには、ほどよい疲労が蓄積され、からだが休息を求める状態にすること、望ましい時間帯に眠いが訪れるように体内時計のリズムを整えることが重要です。
これらが深く関係してるのが、深部体温の変化で、活動してる代謝があがる日中から夕方にかけて高くなり、その後、休息に向かって徐々に下がるというように一日の中で変化します。
それに伴って脳の温度も日中の活動時にあがっていき、この上がった脳の温度を下げるのが睡眠です。
スムーズに起こす生活の工夫が自然な眠気を導く秘訣で、これはどの年齢層にも共通します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加