適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

長い睡眠時間は老化を早める原因

スポンサーリンク

日々のストレスや生活習慣は睡眠に大きく影響します。
睡眠時間に関しては不眠症という症状の人は良く聞きますが、長い時間眠ってしまう過眠症という人もいます。
心地よい睡眠は人間の体に良いのは確かですが、長く寝ればいいというわけではなく、逆に長時間睡眠の人は浅い眠りの人が多いのが特徴です。
また、長い睡眠は老化を加速させるという研究結果もあります。
これは睡眠の質と関係しています。
長く浅く寝ると朝の目覚めも悪くなり、日中も慢性的に眠くなり、倦怠感、食欲不振、小さなことでイライラするなど、いろんな症状が出ています。
生活のリズムが崩れると体内時計も狂い、不規則な生活を続けると病気になりがちな不健康な身体になってしまうのです。

スポンサーリンク

もともとなぜ過眠症になってしまうのかは、まだ医学的な根拠は解明されていないそうです。
若いころから長時間の睡眠傾向がある人は、それが一生続くケースが多いそうです。
自分で過眠症を自覚して直そうと思ったら、快眠できる環境を自分で整える努力が必要です。
まず生活スタイルを変えることです。
過眠症の人は夜型の人が多い傾向があります。
夜型生活を変え、毎日決まった時間に寝て、朝は目覚まし時計をつけてきちんと起きるようにします。
夜寝る前にストレッチをして身体を温めると快眠できます。
朝は朝日を浴び、昼は光を浴びて活動をし、朝昼晩と同じ時間に食事を摂るようにします。
規則正しい生活は質の良い睡眠を導き、そして健康にも結び付くのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加