適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

看護師のような仕事の夜勤前や夜勤明けの睡眠時間

スポンサーリンク

看護師や介護士のような仕事では、夜勤があるところも多いです。
夜勤前に寝だめをする人も多いようですが、夜意外眠れないという人もいるでしょう。
そうなると夜勤明けにねることになりますが、本格的に睡眠を取れる人もいれば、そうでない人もいます。
そうなると日中眠れない人は、夜勤明けの夜に、まとまった睡眠時間を確保することになります。
それでも体の疲れは中途半端なものではなく、通常の日のように、はつらつと動くことはできないでしょう。
夜勤の日というのは、職員自体の数も少なく、全く休むことなく稼働する場所も多いです。
更に12時間以上は拘束されるのですから、どうしてもまずは眠らなくても、体を休める必要性が生まれてきます。

スポンサーリンク

前述したとおり、夜勤の時に眠気に勝てない人や、いつでもどこでも眠れる人は、夜勤前に睡眠時間を確保することが可能ですし、むしろそうした方が夜勤に臨むにあたって良い仕事ができるでしょう。
しかし、夜勤に慣れていなくて緊張しているケースは、まず夜勤前の寝だめなどできないでしょう。
そういった場合は、夜勤明けに十分な睡眠時間をとって休む方法もあります。
とにかく夜勤前に寝なかったといって焦る必要はありません。
要するに自分が辛くないような生活をしていれば良いだけの話であり、夜勤前に寝だめをしない人もたくさんいます。
ただそんな人は夜勤明けに、ランナーズハイと同じように、変に気持ちが高揚する場合があるので、そこに自覚を持ち、強いて休む必要が生まれてきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加