適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間を年代別(年齢別)で見てみると、この世代が一番少ない。

スポンサーリンク

睡眠時間と年代別(年齢別)で見てみると、かなりの睡眠時間に隔たりが多く感じられるのです。
それぞれの世代の睡眠時間を男性女性ともに平均時間として分けて表してみると、10代では男性が6時間28分で女性が6時間10分、20代で男性が5時間46分で女性が6時間1分、30代で男性が5時間43分で女性が5時間57分となります。
40代の男性では5時間42分で女性は5時間54分、50代の男性では5時間50分で、女性では5時間53分、60代の男性では6時間26分で女性では6時間3分となり、70代以上では男性では7時間2分であり女性では6時間4分と言う結果が出ているのです。
これからすると、60代以後では急に長くなる睡眠と言うのは、結構それまで体に無理をさせているということに、つながっているのかも知れないということです。

スポンサーリンク

また、女性の10代の時だけが男性より平均的に短い時間を示しているのは、その周りの環境というのが大きく左右しておるのではないかということで、特にそれは携帯電話などのメールのやり取りに象徴されているのかもしれないのです。
それは女性のほうが男性のほうよりメールをしている時間が長いことがその意味を示しており、その上で勉強もしているので時間的に短くなっているのです。
ただそれも社会人になってしまうと、そうもいかなくなり仕事に重点が置かれることになることで、案外女性のほうがまじめな人が多いのかもしれませんが、時間的なウェイトが変化してくるのです。
ただいえるのは、子育てと仕事において充実期を迎える年齢である40代と言ういうのは睡眠時間の平均が、少なくなるのもわからなくもない現象でもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加