適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

生後2ヶ月〜生後3ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠時間と母乳育児について

スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれると、一日中つきっきりでのお世話が必要となります。
特に産まれてから生後3ヶ月頃までは、赤ちゃんの生活のリズムはまだよく整っていません。
成長するに従って徐々にリズムは整いますが、それまでは赤ちゃんのリズムに合わせてお世話をする必要があるのです。
特に新生児のうちは睡眠時間が細切れで、2、3時間ほどで起きてしまうこともよくあります。
また母乳育児の場合、ミルクよりもおなかが空きやすいためこまめに母乳をあげなければなりません。
ですから、この時期のお母さんは睡眠不足や疲れでとても大変なのです。
今回は、特に大変な生後2ヶ月から3ヶ月頃にかけての赤ちゃんのお世話を上手に乗り切るコツについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

 前述のとおり、個人差はありますが生後2ヶ月から3ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠時間は細切れです。
夜中もオムツを替えたりミルクをあげる必要があります。
お母さんは体力を温存するために、なるべく赤ちゃんと同じリズムで過ごすことがおすすめです。
赤ちゃんが寝てしまったら思い切って一緒に寝てしまい、赤ちゃんが起きていて機嫌の良い時に家事をしたほうがかえって捗ります。
この時期は時短グッズや半調理品などをどんどん活用して、手間を省くことが賢いやり方と言えます。
また、母乳育児は赤ちゃんの健康のためにも大切ですが、睡眠時間が取れず体力的にも辛い時やストレスに感じる場合は一時的にミルクに頼るのも良い方法です。
 生活リズムの整っていない赤ちゃんのお世話は大変ですが、コツを上手につかむことでこの時期を乗り切ることができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加