適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と22時から2時に取る睡眠について

スポンサーリンク

身体に強い影響を与えているのは食事、運動、そして睡眠です。
睡眠は、適度に取ることが大切で、日本人は平均的には睡眠時間が足りていないことが多いです。
特に会社員として働いている人ほど、睡眠が不足している傾向にあり、体調が優れなかったり、身体の回復が遅いといった原因になっていることもあります。
歳を取ってから回復力が落ちたという人が多いですが、年を取った影響で睡眠時間が減っていたり、睡眠を取る時間帯が変わったことで、回復速度が落ちているといったケースも少なくありません。
もっとも睡眠による回復力が上がる時間帯は決まっていて、それは22時から2時のあいだとされています。
この時間帯に寝ているかどうかで、回復力が左右されるのです。

スポンサーリンク

回復力は、成長ホルモンが関与しています。
成長期に分泌されやすくなる成長ホルモンですが、実は大人になってからも分泌されています。
そして成長ホルモンがもっとも分泌されるのは22時から2時とされているのです。
この時間帯に睡眠を長く取ると、より成長ホルモンが分泌され、肉体、体力ともに回復がしやすくなります。
22時から2時までは「ゴールデンタイム」とも呼ばれていて、回復力が高いことから、美容にも良いとされています。
肌に潤いがないといったり、美肌に関心がある人は、なるべく早めに寝るようにした方が良いです。
また、寝る前にはあまり食事を取らないように注意する必要があります。
寝ているあいだは腸も休むので、消化活動も休ませるようにした方が良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加