適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

子供の睡眠時間についてデータを調べました。

スポンサーリンク

小学生から高校生の子供の睡眠時間に対してのデータを調べたところ、『朝、起きる時間』が7時頃と皆同じくらいに対して『夜、寝る時間』にはばらつきが出ました。
小学生は10時頃、中学生が11時頃、高校生が12時頃と、だんだん遅くなる傾向にあるようです。
では、この睡眠時間で足りているのか調べたところ、小学生には10時間から11時間の睡眠時間が必要であるということがわかりました。
と、なると1時間から2時間の睡眠時間が足りていません。
理想は9時には眠り7時に目覚めるというスタイルが良いのがわかります。
果たして、そのように睡眠時間をもうけてあげられる家庭がどれほどあるかが問題となるような気がしますね。
両親共働きの場合、理想のスタイルにするのにはどうするべきか。

スポンサーリンク

難しい課題であると筆者は思います。
さて、睡眠に関する生活習慣の確認をしてみましょう。
夕ご飯は7時までに食べていますか?親の小言は8時までにしてますか?寝る30分前には部屋を暗くしてますか?寝る前に『おやすみなさい』が言えてますか?朝起きたらカーテンを開け『おはよう』が言えてますか?朝食を食べ、排便はありますか?以上が出来ると生活習慣も変わってくるようです。
出来ることからひとつづつでも生活習慣に加えてみてはいかがでしょうか。
子供が十分な睡眠をとれる環境を考え、子供の睡眠が大切なことを親自身が理解し、感心をもち子供にしつけられたらいいですね。
最後になりましたが、駄文を読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加