適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

3歳児4歳児5歳児に必要な睡眠時間

スポンサーリンク

3歳児・4歳児・5歳児というと、幼稚園に通う頃のお子さんです。
この頃のお子さんには、1日11〜13時間の睡眠時間が必要です。
幼稚園に通いだすと朝起きる時間も早くなりますので、夜8時ごろには布団に入っているのが理想です。
遊びも大分活発になり、外へ出て元気に走り回る子も少なくありません。
日中たっぷりと体を動かすと交感神経の働きが良くなりますので、夜間リラックスした状態を作りやすくなります。
そのため、寝なければならない時間帯になると、自然と眠くなります。
寝る前の注意事項としては、興奮するようなテレビを見たりゲームをしないことです。
また、お風呂も交感神経を刺激しますので、寝る1時間前までに済ませておいた方が安心です。

スポンサーリンク

幼稚園に通う頃のお子さんの睡眠で気を付けたいのは昼寝です。
乳児期からの習慣で毎日決まった時間の昼寝が必要だと思い込んでしまうと、夜間の睡眠に影響を与えます。
成長して大きくなるにつれ、体力がついてきます。
体力がついてくると、乳児期のような昼寝を必要としなくなります。
個人差はありますが、大抵小学校に入学する頃までには昼寝をしなくても夜まで活動できるようになります。
昼寝をする時でも、最小限にとどめておくことが大切です。
疲れている時や風邪気味の時は少し多めの時間を昼寝に当てても問題ありませんが、元気に過ごしている時は30分程度でも十分です。
夜寝る時の環境作りでは、ゆったりとした音楽をかけたり本を読む習慣を作るとリズムができてきます。
その子なりの就寝へのステップを作っておくことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加