適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

6歳児から7歳児に必要な睡眠時間とは

スポンサーリンク

6歳児や7歳児というと、丁度小学校に入る位の頃です。
幼稚園までは毎日お昼寝をしていた子も、小学校に入学すると昼寝の時間が取れなくなります。
そのため、多くの場合は入学前に昼寝をせずに過ごすことで、小学校生活の準備を始めます。
この頃の子供にはまだ11時間から12時間の睡眠時間が必要であり、新たな環境に馴染みながら生活リズムを整えるのは非常に大変です。
小学校に入ると学校生活になじませなくてはと、急に生活リズムを固定しようとする家庭もありますが、急激な変化は子供にとって大きなストレスになりますので、周りで上手くサポートしながらゆっくりと慣れさせていくことが大切です。
慣れるまでは、少し多めの睡眠時間を確保することも重要です。

スポンサーリンク

小学校低学年ではまだ習い事をしている子の割合も少ないのですが、一日のうちにやらなければならない事がたくさんでてきて、それをこなすのに一苦労の時期です。
しっかりとスケジュールを立てて過ごしているつもりで、予定通りにいかないと夜更かしになってしまうケースもあります。
6歳児や7歳児の発達度合いには個人差があり、体力も必要な睡眠時間もまちまちです。
そのため、周囲の子が少ない睡眠時間で活動できていたとしても、同じようにできるとは限りません。
体力がついてくれば差がなくなりますし、睡眠をたっぷりとることは脳や体の成長にも非常に良いことです。
本人がスケジュール管理できるようになるまでは、家族がしっかりとサポートしてあげたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加