適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

8歳児から9歳児に必要な睡眠時間とは

スポンサーリンク

8歳児や9歳児には、大人よりもはるかに長い睡眠時間が必要です。
寝る子は育つと言いますが、必要睡眠時間を確保することによって成長を促すことができます。
この頃の子供には発達の差によって必要な睡眠時間にも個人差があります。
例えば、体力的な面から小学校生活に上手く馴染むことができない場合は、より多くの睡眠が必要です。
3年生位になると学校にも慣れて生活にリズムがでてきます。
そのため、多少の夜更かしをしても影響がないように見えるケースもあります。
ただし、自分でコントロールするのはまだまだ難しい年頃ですので、リズムが乱れていると感じたら家族がそっとサポートしてあげることも大切です。
高学年になると、自分でコントロールすることも可能になります。

スポンサーリンク

質の良い睡眠をとるためには、日中の間よく体を動かす必要があります。
最近の子供はゲームの普及によって家で遊ぶことが多くなりましたが、昼間に日の光を浴びながら体を動かすことはとても重要なのです。
太陽の光に当たると体内時計が調節されて、体調も整いやすくなります。
おやつを摂る場合は、カフェインを含むものを3時以降に摂らないようにします。
カフェインには覚醒作用があるため、早く寝ようと思っても寝付けなくなるからです。
また、寝る直前までテレビを見たりゲームをしたりすると興奮してすぐには寝付けません。
寝る前の30分間は、静かに本を読んだり穏やかな音楽を聞いて過ごすと、横になってからすんなりと寝入ることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加