適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

高校生の最適で理想的な睡眠時間と、平均的な睡眠時間の差

スポンサーリンク

高校生にもなると、ずいぶんと睡眠時間が減ってきますよね。
体力もでき、多少の睡眠不足でも乗り越えたりできるようになります。
そしてだんだん、睡眠を削ってでも遊んだり勉強したりするようになります。
勉強するのであれば、遊ぶよりマシだと思うかもしれませんが、睡眠は、記憶力を向上させる働きがあると言われているため放っておけません。
睡眠中に脳は記憶の整理をしてくれるので、ちゃんと寝た方が受験勉強にも効果があるのです。
 では、どのくらいの睡眠時間が理想的なのでしょうか。
高校生に最適な睡眠時間は、8時間と言われています。
夜22時半に寝て、朝6時半に起きれば8時間は睡眠が確保できるわけです。
がしかし、高校生の平均的な睡眠時間は6時間と言われています。
日本のほとんどの高校生が睡眠が足りないと言う事になるのです。

スポンサーリンク

 ある調査で、携帯電話の利用が長い高校生ほど、勉強時間が短いという結果が出ています。
携帯だけに言及するわけではありませんし、もちろん、テレビやゲーム、パソコンなどの利用時間が長くなるにつれ、睡眠・勉強時間ともに短くなってきます。
携帯電話にはメリットもありますが、面白くてつい子供は没頭してしまうため、睡眠時間を削ってでも利用してしまうのです。
 中高生の50%は睡眠不足を感じているというデータもあります。
それが受験の為、勉強の為ならば、なおさら睡眠を確保しなくてはなりません。
その方が記憶力が上がり、効率がよくなるのですから。
日本の高校生の約6割が12時を過ぎて就寝しているという結果も出ていますが、睡眠の重要性を考え、もっと早く寝るように気を付けなければなりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加