適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

大人の理想とする睡眠時間

スポンサーリンク

みなさんの睡眠時間は、どのくらいですか。
現在、大人の理想の睡眠時間は、7時間睡眠と考えられています。
これは研究や調査が進んた結果、分かったことです。
なぜならば、7時間睡眠の人が、心臓血管系の病気なるリスクが一番低く、最も長生きできる、ということが明らかになっているからです。
その他にも、7時間睡眠は太りにくいとも考えられています。
ある海外での研究によると、肥満度は7時間から8時間眠る人が最も低く、5時間睡眠の人は肥満率が50%アップし、4時間以下の睡眠では73%も上昇してしまうそうです。
また、7時間睡眠が最も糖尿病になりにくいことも分かっています。
糖尿病ではない人を対象に調査したところによると、7時間睡眠の人と比べて、6時間以下の睡眠で約1・3倍、 スポンサーリンク

8時間を超える長時間睡眠では約1.5倍糖尿病を発症するリスクが高いことが報告されています。
なぜなら、睡眠不足が続くと食欲抑制をするレプチンという物質が減少してしまいます。
そして、代わりに食欲を増進するグレリンが増加してしまうからです。
空腹感と食欲増進が続き食べ過ぎてしまうために、肥満や糖尿病を招いてしまうのです。
しかし、7時間睡眠がいいといわれても、なかなか忙しすぎて寝る時間を確保できない人は多いです。
7時間睡眠というのは、1日トータルで7時間ということです。
ですから、足りない時間は、仕事に行く途中の電車内で寝たり、お昼休みに昼寝をするなどをして対策を立てるようにしてください。
可能な限り「7時間睡眠」を実践して、健康的に長生きしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加