適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

理想の平均時間より少ない20代・30代の睡眠時間は適切か

スポンサーリンク

下っ端時代から働き盛りの時代の20代30代の睡眠時間というのは、どのようなものであるかというと、東京都が以前に調べたデータというのが存在していて、それによると、6時間未満の睡眠しかしていない20代で49.5%、30代で50.0%という結果があります。
これに対して理想の睡眠時間としているのが6時間以上7時間未満というのが20代で43.6%、30代で41.5%になっているのです。
でも、実際に理想としている6時間未満としている人というのは、20代で6.9%、30代で6.7%しかいないのにも関わらず、現実の睡眠時間と理想の睡眠時間の間にはそれなりにギャップがあるようです。
さてこの違いというのは、どのような理由で起こっているのかということで、次にの課題としてとりあげてみます。

スポンサーリンク

実際のところこの世代の平均睡眠時間といわれているのは7時間から9時間といわれており、彼らのその時間というのは、最低の7時間をきるところにあるのです。
この背景にはどのような環境等があるのかというと、いちに仕事があり、その後ゲームをやったりテレビを見たりと言う娯楽の部分が入ってくるのです。
ただ、ここで面白いことが言えるのは、理想としている睡眠時間より少ないのにも関わらず、一度寝てしまえばぐっすりと言う状態の人が多く、それがデータとなってあらわているのが、「寝床に入っても寝つきが悪い、途中で目が覚める、朝早く覚める、熟睡できないなど、眠れないことがあったか」という質問には、「めったにない」とか「まったくない」という答えが20代・30代で6割を占めていたことから言えるのです。
一応は、理想でないにしてもちゃんと睡眠をしているので、仕事にも支障をきたさないようなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加