適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

40代50代の理想とされる平均の睡眠時間について学ぼう

スポンサーリンク

睡眠は人が生きていくためには必要不可欠のものです。
しかし人は、年齢を重ねる毎に睡眠時間が減少している傾向にあるので注意が必要です。
年代別にみると、働き盛りの40代から50代の人は睡眠時間が減少しやすい傾向となっています。
この年代の人の理想の睡眠時間の平均としては7時間とされていますが、実際には6時間ほどしかとれていない人がほとんどです。
睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互におきて1セット90分のサイクルで成り立っています。
ノンレム睡眠とは、眠りに入った直後に起こる深い眠りについている状態を指します。
このノンレム睡眠の時には、脳と体を休めている状態です。
その後、浅い眠りのレム睡眠の状態になります。
この時の状態は、脳は動いている状態なので夢をみます。

スポンサーリンク

この睡眠を質のいい状態でとるようにするには、このノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルを考えて起きるようにし、睡眠に効果的な行動をとる事で疲れもスッキリとれ、目覚めも良くなります。
特に睡眠時間が少なくなりがちな、40代から50代の人が行うと効果的とされています。
具体的には、起きる時間を逆算して、ノンレム睡眠とレム睡眠の周期である90分を目安に、この1セットが終わった時間に起きるようにする事です。
ノンレム睡眠の時には脳も体も休めている状態なので、この時間に起きるとスッキリ起きれず、体もだるくなりがちです。
そのため、1セットが終わった時間に起きるようにするのがベストです。
特に忙しい時期であるこの年代の人は、このように工夫する事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加