適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

つわりと睡眠時間の関係。

スポンサーリンク

妊娠中はホルモンバランスが変化することによって自律神経が乱れ、睡眠時間が減ってしまうことがあります。
これはつわりによる不眠の可能性もあり、体調がすぐれないのになかなか寝付くことができないと、悩む方が多いです。
そのことが悪循環となりストレスがたまり、また不眠になってしまうことも多いようです。
これらを改善するには、まずリラックスできる環境をつくることが大切です。
においが大丈夫な場合は自分が好きな香りのコロンを少し使用してみたり、実家に帰省し、ゆっくりと過ごせる時間を増やしたりと、少しでもストレスがたまらない環境を作ることが大切です。
つわりは人それそれ症状がちがうので、ご自分にあったリラックス方法を見つけてやってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

また、吐き気やむかつきなどのつわりの場合、前者とは反対に睡眠不足が原因で起こっている場合もあります。
吐き気がひどく眠りにつくことができない場合は、空腹にならないように寝る前も少し食事をとったり、少しでも長く睡眠を取ることで改善される場合もあります。
つわりは、だいだい妊娠15週前後で落ち着いてきます。
ずっと続くものではありません。
つわりの時期は栄養面など神経質にならず、食べられるものを食べ、深く考えずお腹の赤ちゃんの為にリラックスすることを心がけましょう。
また、妊娠中の睡眠不足は赤ちゃんが生まれた後の為の練習とも言われています。
赤ちゃんが生まれてくるための、お母さんの準備期間なのです。
つらい時期もあると思いますが、お腹の赤ちゃんと一緒に乗り越えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加