適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

できる人の睡眠時間について

スポンサーリンク

勉強や仕事ができる人は1日20時間とか勉強とか仕事をしていると思われるかもしれません。
しかし、1日20時間も勉強とか仕事をしなくてはならないというのはよく考えればほめられたものではありません。
なぜなら、睡眠不足が続いていれば注意散漫となって、テストであれば問題をよく読まないとか、仕事であれば誰もしないような失敗をしてしまいますし、そもそも、勉強や仕事の要領も心得ていない可能性もあるのです。
仕事の場面であれば、タイムチャージをするような業種もありますから、漫然とした仕事をすることが許されなくなるのは当然のことです。
そう考えると、睡眠時間を削ってまで仕事や勉強をしているのは決して褒められたことではないのが分かります。

スポンサーリンク

そこで、できる人の睡眠時間をみると、できる人というのは集中的に勉強や仕事をこなしますから、1日中デスクに張り付いているということはありません。
したがって、睡眠時間も比較的確保しているのが実情であり、1日あたり6時間から7時間の睡眠時間をとっているのが普通です。
睡眠時間を取れば、昼間に眠くなるということはありませんから、勉強や仕事をしている間はきちんと集中することができ、それゆえ、テストの成績や仕事についての失敗はないというよい循環に入っていくことができます。
そういうことからすれば、徹夜をするのが恒常的であるというのは、できる人という評価を受けにくい土壌になってしまっているともいえますから、注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加