適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

テスト前日の睡眠時間を減らすべきではない

スポンサーリンク

学校の試験週間に入ってくると、一生懸命勉強を始めていい点を取ろうと考えます。
もちろん、赤点を免れるためです。
そして、普段真面目に勉強している人は普段通り生活すればいいのですが、全く普段勉強しない人にとってはこれはなかなか苦しい週間となります。
さらに、前日に一夜漬けすれば大丈夫といった考えにより、前日まで全く手を付けない人もいるのです。
そして、テスト前日に一夜漬けといった行為を行ったりして、赤点を免れようとします。
しかし、これはあまりいいものとも言えないのです。
睡眠時間を無理に減らして詰め込むのは、集中力の低下にもなり、まずベストコンディションにならない場合が多いです。
そういうこともあり、前日に詰め込みは効率が悪いといえるのです。

スポンサーリンク

一夜漬けすると、とても体がだるくなってしまいます。
もちろん、睡眠をしっかりとっていないために、問題に集中できないこともあります。
テストが一日で終わるのであればいいかもしれないですが、三日、四日とあった場合は、これは非常に厳しいものになってきます。
一夜漬けしてまた次の日のテストときてしまうと、対処しきれないことがあります。
テスト期間前日になる前に少々勉強するなどして、睡眠はたっぷりとるといったスタイルのほうが安定します。
一夜漬けの辛さより、期間中に一日1時間程度勉強を続けていれば、全く勉強する必要もなくなってくるのです。
そしてゆっくり睡眠をとることもできます。
テスト期間でも、睡眠時間は減らさないほうが本番にいい結果を望めるものなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加