適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

ピカソに学ぶ睡眠時間の少なすぎることで起こる障害

スポンサーリンク

パブロ・ピカソ、本名パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ピカソはスペイン出身の有名な画家ですが、生前、脳の病気で悩まされていて、それに関わるのが、少なすぎた睡眠時間だといわれていました。
この睡眠時間の少ないということで引き起こされるという障害は、誰でも陥ることのある恐ろしい病気でもあり、人間の体調に大きく関わる障害であるのです。
ピカソは眠りが浅かったことから、アイディアをそのまま絵画にこめることが可能でしたし、彼は子供のときから睡眠障害があり、それが脳に現れて中期の作品に差が出たとも専門家が考えています。

スポンサーリンク

脳というのは、睡眠するときに休むことができて、ホルモンが活性化するために整理されます。
このあいだに、毎日のように死ぬ脳細胞や神経系がリサイクルされているのです。
人間は通常起きているときにホルモンが分泌され、カラダの働きに換えることができるのです。
しかし浅い眠りでは、この循環が悪くなり、ホルモンの動きが妨げられ、身体や精神に異常をきたすとも言われています。
これをレム睡眠といいます。
こうならないうちにも、レム睡眠に気が付いたら、すぐ医師の診察を受けてください。
空前の天才画家はこうした障害を乗り越えて、イメージを絵にすることができました。
一般の方は、適切な睡眠時間をもって生活することを心がけてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピカソに学ぶ睡眠時間の少なすぎることで起こる障害関連ページ

エジソン・ナポレオン・アインシュタインの睡眠時間