適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

プログラマの睡眠時間について

スポンサーリンク

今回は、プログラマの睡眠時間についてご紹介します。
現代において、あらゆる分野、業界においてIT技術の恩恵を受けていない場所はありません。
病院は電子カルテというネットワークで管理されていますし、駅の改札は電子マネーでくぐれます。
銀行もネット間で取引が完結できます。
このように医療業界、出版業界、音楽業界、ゲーム業界、IT業界、アパレル業界、その他全ての業界にIT技術が活かされており、その数だけ「プログラマ」という職種の人間が働いています。
IT技術は進歩がとても早い業界なので、プログラマは、最新の技術や言語、ツールなどの情報を常にキャッチし、必要であれば、未経験の言語や技術のものにも挑戦し、習得して、己の技術を磨き続けていかねば企業で生き残っていけません。
一回何か資格を取ったら後は安泰という職業ではない大変さがそこにはあります。

スポンサーリンク

プログラマは、業務として、納期に追われるという宿命を追っています。
納期が迫ると、長時間労働になりがちで、必然的に睡眠時間も削られることとなります。
また、技術系などの資格試験習得のための勉強時間や、最新の技術の獲得、新しい言語の習得などは、業務外に自主的に行うため、必要であれば、睡眠時間を削ってこれらの学習時間を捻出することになります。
とかく、プログラマの睡眠時間は短くなりがちですが、それでも続けていられる理由は、この仕事に他の職業にはないやり甲斐と魅力があるからです。
特にプログラムを書くことが好きな人達は、ご飯を食べるのを忘れて、時には眠るのも忘れてプログラミングに没頭します。
彼らにとっては長時間のプログラミングは苦痛ではなく自分のアイディアや考えを創造できる最高の手段なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加