適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

逆流性食道炎と睡眠時間について

スポンサーリンク

近年、若年者層に増えている疾患のひとつに逆流性食道炎があります。
この疾患の特徴として、上半身のあらゆるところに不快な症状が現れることがあります。
たとえば、食事を終えた後の胸焼けや胃から酸っぱい液がのどの方にあがってくるというもの、きりきりした胃の痛み、耳が聞こえにくいといった人それぞれさまざまな症状に悩まされるといわれています。
逆流食道炎の患者がここまで増加している原因としては、若者が職場でのストレスにさらされる機会が多くなったこと、暴飲暴食をするひとが増えていること、睡眠時間をしっかりと取っておらず睡眠のリズムが崩れていることなどが挙げられます。
また、これらの原因が複雑に絡み合っていることも多いといわれています。

スポンサーリンク

逆流性食道炎の特効薬は現在のところ発明されていませんが、対症療法として胃酸の分泌を少なくして胃が荒れないようにしたり、胃と食道のつなぎ目の部分の筋肉を鍛えたりといったことが行われます。
また、脂肪分の多い食事や刺激物の多い食事は避け、継続的に適度に身体を動かしたり、ストレッチなどにより身体に筋肉を付けるということも改善の効果が期待できるといわれています。
また、漢方薬を試してみたところ少しずつ時間をかけて改善したという例もあります。
逆流性食道炎の症状に気が付いた場合は、通常の場合放置しておくと症状を悪化させてしまうことになるため、治療に力を入れている内科や消化器科を早いうちに受診することが望まれています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆流性食道炎と睡眠時間について関連ページ

統合失調症と睡眠時間について