適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

座禅と睡眠時間の関係について

スポンサーリンク

座禅は禅宗の基本的な修行法の一種です。
姿勢を正して床に座り、呼吸を整えて精神の統一を図ります。
目を閉じて精神統一して何かを瞑想・黙想したり、悟りを得ることを目的とするのではなく、座禅を組むことそのものが目的となっています。
厳密に言うと、禅宗の中でも臨済宗の場合は悟りを得ることを目的として座禅を組みます。
しかし、同じ禅宗でも曹洞宗は、ただ座ることのみに意義を求める只管打座の立場をとっており、一般の人向けに禅宗のお寺が行っている修行体験などでは、こちらの方法がとられている場合が多いです。
目を瞑って、極力自我を排除して無の境地にたどり着くことを目指しますので、暑すぎず寒すぎもしない静かな屋内で行われる場合が多いです。

スポンサーリンク

 よく座禅を上手く組むことができると睡眠時間が極端に短くなると言われています。
居眠りをしていたわけではなくても、確かに睡眠時間が短くなる傾向が確認できます。
そもそも、座禅中は、監督者が常に巡回していて、姿勢が崩れた者の肩を警策と呼ばれる道具で打って覚醒させるようにしますので、居眠りをすることはできないようになっています。
それなのになぜ睡眠時間を短縮させる効果があるのかと言いますと、座禅を組んで腹式呼吸をゆっくり行うことで、睡眠時と同様に身体を副交感神経優位の状態にもっていくことが可能であるからです。
副交感神経が優位に働くと、体温は低下し、心拍数も減ります。
また血流も穏やかになって身体全体がリラックスモードに入るため、睡眠中と同じように脳が休息することができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加