適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

エジソン・ナポレオン・アインシュタインの睡眠時間

スポンサーリンク

睡眠時間が短くても健康を保てる人をショートスリーパーといいますが、歴史上にも睡眠時間の短い人がいます。
トーマス・エジソンは、普段30分ほどの仮眠を1日数回、合計3時間ほどしかとらなかったそうです。
「エジソンの研究所の時計には針がない」とうわさされていたということです。
ナポレオン・ボナパルトは、1日3時間しか睡眠をとらなかったということですが、精神的に落ち着きがなく、癇癪持ちであったとされ、夜間に発作が起きていたせいだとも言われています。
これらの伝説的なエピソードは、真偽のほどは不明とされているのですが、ショートスリーパー、または短眠者ともいう人たちがいるのは確かで、エジソンもナポレオンもその仕事量の多さが語られることが多く、睡眠時間の短さを自己の仕事に活かして成功を手に入れた人達なのかもしれません。

スポンサーリンク

平均よりも多くの睡眠時間を取る人たちのことは、ロングスリーパーと呼ばれており、ショートスリーパーとは逆になります。
ロングスリーパーの歴史的有名人というのも存在しており、相対性理論でおなじみの理論物理学者アルベルト・アインシュタインは睡眠時間が長かったといわれていて、毎日少なくとも10時間は眠らないと不調だったということです。
ただし、これも真偽は不明です。
ロングスリーパーは別名長眠者とも呼ばれ、一説には創造的な仕事に向いているともいわれているのですが、アインシュタインはまさにその典型と言えるのではないでしょうか。
ナポレオン、エジソン、アインシュタインの睡眠は平均的な7、8時間の睡眠と比較して驚かされるものですが、要は次の日眠気がなく快適に活動できるのならば、その人にとっては最適な睡眠時間と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エジソン・ナポレオン・アインシュタインの睡眠時間関連ページ

ピカソに学ぶ睡眠時間の少なすぎることで起こる障害